歩き方とか靴のせいだと思っていました

いつ頃からか、足の裏に円形状に固い部分ができていたんですよね。。。その固い部分は1mmくらいの中心核のようなものが見えて、直径1cm弱くらいでした。

歩き方か、靴が悪くてできたタコだろうとあまり気に留めていませんでした。

ある日、知り合いが「足の裏の魚の目が~」と話しているのを耳にして、「私のもひょっとしたら魚の目かもしれない!」と、勧められた魚の目用の絆創膏(日本で言うイボコロリですね)を使ってみました。


まずは絆創膏を試してみる

ドイツの魚の目用絆創膏

まずはこれを試してみました。メインの成分はサリチル酸。
Amazon.deのページが開きます
 

確かに、固かった皮膚が白くなり、柔らかくなってそこだけ取れました。

サリチル酸絆創膏を私にオススメしてくれた知り合いは、一箱でスッキリ解決するらしいけれども、私の場合は一回皮が剥けたくらいでは完全にとれていない気がしました

一回皮が剥けた後に、皮膚が再生すると、また元通り固くなるので繰り返し試してみました。


因みにドイツ語で魚の目はHühneraugen。日本語でも正式には鶏眼と言うそう。確かに、鶏の目っぽいですよね・・・。


液体も試してみました

イボ用液体サリチル酸

液体もあるんですね。魚の目用もあるのですが、いろいろと調べているうちに薄々イボかもしれないと思ってきたので、イボ用の液体を使いました。


Amazon.deのページが開きます


絆創膏よりもコスパはいいです。患部に塗ったあと、液体が乾くのを待てない短気な方は絆創膏の方がいいかもしれません

荒治療かとは思いましたが、あまりにしつこいので、液体を塗ったその上から絆創膏を貼ったり、自分なりに徹底的にやってみてしまいました


【つづき】手の指にイボが・・・!?

※自己判断は危険なので病院できちんとした診察と治療をおすすめします。