手の指にイボができました

発端は手の指にできたニキビのようなできものだったんですよ。本当にちっちゃな赤いポチッとしたものができて。それをちょっと引っ掻いちゃったんですよね。

そしたら、急にイボになりました。直径5ミリくらい。

ネットで調べて自宅で液体窒素による凍結療法を試みました。

じゅわ~っと凍結。ちょっとピリッと痛いけど、心地がいいくらい・・・。実際にやったことも見たこともないけれど、いろんな意味で根性焼きみたいなことをしている気分でした。

「(イボに対して)オラオラオラオラ〜!」みたいな気分とか、じゅわ〜っとなる感じとかが。



これを使いました
☝Amazon.deのページが開きます

ついでに足の裏にも試してみました

指のイボの為に購入した自宅で凍結キットを足の裏にも試してみました。サリチル酸の処置に加えてです。

足の裏の経緯はこちら

まず固くなった皮膚をサリチル酸で柔らかくして剥がして、下の柔らかい皮膚が出てきたところにアタッ~ク

手の指と足の裏で、液体窒素がほぼ空になるまで使いましたが、魚の目が消える気配は一向にありません。なぜ・・・

やはり素人のやり方ではだめなんだろうかと、重い腰を上げ皮膚科に行きました。

待ち時間は長いが診断は一瞬

まず、指見せました。じーっと見て「ま、イボだね。」と。ついでに最初は魚の目だと思って散々サリチル酸で痛めつけた足の裏も見せました。

「はいっ、イボ。」

今、ちゃんと見ましたかぁぁぁ 5秒くらいかけて、見たふりくらいできないのかなぁぁぁ

何か感じの悪い先生でした。


看護師さんに手当をしてもらう

まずは足からやってもらいました。

個包装された小さなメスを取り出し「固いところちょっと切り取るからねぇ~」と。めちゃくちゃ怖かったです。でも真剣に、そして丁寧にやってくれました。

皮膚をある程度切り取ってから窒素で凍結しました。

「痛かったら言ってね~しばらくは我慢してもらうけど」なんて言われながら、液体窒素ボンベでシューっと凍結。

足の方は叫ぶような事故もなく無事に終わりました。次は指です。

足の裏はともかく、指にメスが近づいて来るのは見えるので恐怖が倍でした。看護師さんは「大丈夫、大丈夫。」と言っていましたが、ナント!指にメスを当てたら流血しました。

大丈夫って言ったのに大丈夫じゃないじゃん!

一瞬迷いましたが、「ちょっと、指は!今日はやめときます!!」と言ってお家へ帰りました。

その後、足の方のみ毎日のサリチル酸絆創膏+1週間に1回凍結しに病院へ通いました。

病院から処方されたサリチル酸絆創膏は大判1枚で、ちょきちょき自分で切って使えるタイプでした。
普通のサリチル酸絆創膏よりもコスパ良し

☝Amazon.deのページが開きます


病院で凍結してもらった感じだと、自宅では凍結が足りなかったのかなという印象です。説明書通りにやったんですけどね・・・。


【つづき】イボさんと今生の別れ 通院と自宅療法