P1030684

日本人は詮索好き?

ドイツ人は、他人に全く関心がないわけではないんだけれども、日本人ほど他人のプライベートについて知りたがりではないような気がします。

なので、新しく彼氏っぽい人ができても、根掘り葉掘り聞かないで「あぁ~なんか仲良い人ができたのね」くらいで、みんなそっとしておいてくれます 

日本人グループの中では恰好のネタにされますけどね

>>ドイツ人と彼氏彼女になる???その1はこちら

ドイツは30歳で結婚してなかったら行き遅れているだとかいう概念もないし、シングルマザーをやりながら大学に通っている20歳の子もいます(しかもBAföGとKindergeldでお金には困っていないと悠々自適で羨ましいほどでした)。

卒業する年齢もそれぞれだし、私の知るところでは就職も日本みたいに一斉にすることはありません。

こういう、人は人、自分は自分、という考え方が日本と違うところかなと思います

ロマンティックが止まらない?

ドイツ人はですね、堅物のイメージがある方がいらっしゃるかもしれませんが、

けっこうロマンチストが多いですよ。

どの辺りが?と言われると具体例が挙げられず答えに窮するんですけど、言ってくるセリフとか書いてくる文章とか、

妄想力に長けているし文学のようだと関心します。


あとは、例えば花とかですかね 

けっこう頻繁にいただきました(私は花より食べ物とかアクセサリーとかの方が嬉しいけど)。花は普通のアイテムですね。日本で言ったらケーキくらいのレベルでしょうか。

だいたい都市部の駅には必ず花屋があって、そこで購入しているかは別として、花を持って彼女を迎えに来ている男性はよく見かけますね

あるドイツ人の友達なんて、飛行機に乗って彼女に会いに行くんだけど、生花は持ち込めないからと描いて持って行きました 

ドイツでは、お金がかかったプレゼントより、こういう手間とか気持ちがこもった「この世で一つ」系のプレゼントが喜ばれる傾向があるなと思います

余談ですけどね、うちのポチが突然花束送ってきたことがあったんですよね。1回だけ。
何か、匿名のサプライズだったから、とっても困りました。

だって、心当たりがポチ以外にもあったので・・・(笑) 結局、届けてくれた花屋さんに電話して無理やり送り主を聞き出しました

「いやぁ、誰が送ってきたかわかんないし困っちゃったよ。ありがとう。でも突然何で???」とポチに言ったら「君、花言葉知らないの!?!?!?」と衝撃を受けていたのは確かによく覚えています。

花束の中に3本の赤いバラがありましたね
なになに?3本のバラは愛の告白?赤いバラはあなたを愛しています!?
ポチは本当に花言葉知ってて送ってきたのかなぁ〜???


別れる時が面倒

これはまぁ万国共通じゃないでしょうかね、別れる時が面倒くさいのは。しかしドイツでは、ロマンティック度が高かった人はそれだけ

粘着度も高かったような気がします


哀愁漂った顔でやたらとwarum?なんで?と理解したがる。もう冷めちゃったから興味ないんだってばー。別に友達としてでも連絡とりたくないんだってー。

ここで、数々の不幸のポエムを紹介してみなさんにも見てもらいたいけれど、そもそも自分が受け取ったやつは消したし、拾った誰が書いたかわからない不幸のポエム(うわっ出た!やっぱりこんなんでしょ!って思った)も一応人の物なので、例が見せられなくて残念です。

好きな時には嬉しかった、例えばどこがで私の事を待っててくれたりとか。そういうのって気持ちがなくなると「うわっ、待ち伏せかよ!怖っ!」ってなります。家に居てふと外見たら渦中のドイツ人が雨の中こっちを見つめて立ってるとか、本当、ホラー映画かと思いましたよ

この雨の中に立ってた男性にはなかなか手こずりまして、引っ越し先にも現れ、もう何年も前のことなのに、未だに監視されてるんじゃないかと不安になることがあります。ドイツに行ったらどっかでバッタリ会っちゃうかもとか、ホントこんな恐怖体験はしたくありませんでした。

わたしにも非はあるんだろうけど、今生きていられて良かったと、何に対してかわからないけれど感謝します。

ロマンチストな性格も良い時は甘~い気持ちにさせてくれるけど、悪くなると疑念と執着が鬱陶しく、時にはそれが狂気となり・・・。いやいや、やっぱり人にもよりますけどね。

あ〜円満に終止符を打つ方法とかAIはまだ教えてくれないのでしょうかね〜