ドイツは夏でも乾燥しています

空気のせいもあるけれど、お肌に入念な保湿が必要なのは水のせいも多分にあるんじゃないかと。冬なんて、ケア用品なしではやり過ごせません

ということで、私も愛用しているヴェレダのボディーオイルの紹介したいとお思います

ナチュラルコスメ WELEDA

ナチュラル・コスメティックとして日本でも有名なヴェレダ。実は、哲学者であり自然科学者であったルドルフ・シュタイナーと、オランダ人の医師イタ・ヴェーグマン、ミュンヘン大学で薬剤師であったオスカー・シュミーデルによって1921年に創設された企業なんです。

もうすぐ100周年ですね

現在も使用されているロゴは、ルドルフ・シュタイナー自身によるデザインで、中央部分はギリシャ神話に登場する「アスクレピオスの杖」を表しているそう。

医学の神アスクレピオスは蛇が巻きついた杖を持っていたとされ、この蛇が巻きついた杖は、現在では医療・医術の象徴として様々な機関でシンボル化され使われています


Weleda_logo_logotype


WELEDAのボディーオイル

昔の蓋をクルクル開けるタイプはオイルが思ったよりも出て来てしまうという声を反映してか、プッシュ型にリニューアルしました。私は前のままでもよかったんだけどなぁ~!

べっとりたっぷり使いたい方は、シャワーの後にタオルドライしてから使うといいです。適度にのばしたいという方はシャワーの後濡れたままの肌に使うと薄く広く使えます。

WELEDAのオイルは全部で10種類ありますが、私が使ったことのある5種類を紹介いたします


女性に嬉しいザクロのオイル

私は「ホルモンバランスを整える」とかいうキーワードにめっぽう弱いので、ザクロにも敏感に反応してしまいます
☟Amazon.deで詳細見てみる
WELEDA Granatapfel Regenerationsöl


いつも私が使うのはラベンダー

理由は、ラベンダーの匂いも好きだし、ザクロよりちょっとだけ割安なんですよ
☟Amazon.deで詳細見てみる
WELEDA Lavendel Entspannungsöl


保湿を始めるのに出遅れたと思ったらカレンデュラ

カレンデュラはキク科の一年草。
保湿効果のほか、擦り傷や切り傷の治りを早くする効果があるそうで、ガサガサになってしまったお肌にもオススメ

☟Amazon.deで詳細見てみる
Weleda Calendula Massageöl


女性にはやっぱり薔薇!

「女性ホルモン バラの香り」で検索すると、出るわ出るわ
薔薇の香りには女性に嬉しい効果があると聞くと、使いたくなりますよねぇ~

☟Amazon.deで詳細見てみる
WELEDA Harmonisierendes Pflegeöl Wildrose


肩こりひどいわぁと思ったらアルニカ!

肩が凝っていると思ったらアルニカが良いと聞いていたので、騙されたと思って使ってみました。思いの外、良かったです
歩きすぎた日のフットマッサージにもオススメ。
☟Amazon.deで詳細見てみる
Weleda Arnika Massageöl




ヴェレダ以外の商品を紹介しています
ドイツでオススメのボディーオイル&クリーム その2

【関連記事】