渋々イタリア生活。早くドイツに戻りたい(・ω・ノ)ノ

いやぁ、まったく人生というものは予測がつかないものですね。 これから海外生活を始める方などの役に立てる情報があるといいなという気持ちも込めた、日々の雑記兼吐き出し口です(笑)ドイツ生活中級、イタリア生活超初級( ̄▽ ̄) 努力をすればどうにかなるものなのか??? (※新型コロナウイルスの影響でイタリアに戻れなくなり現在日本滞在中)

カテゴリ:国際恋愛 > ドイツ


nampa

時代ですね

ドイツの街中で男性に声を掛けられたら、もしかするとそれは・・・

ユーチューバーのネタにされているだけかもしれませんよ。

10年くらい前までは、ナンパも”純粋”な目的の為だったと思うのですが、最近はYouTubeにあげてお金を稼ぐ為というヨコシマな輩がいるようです。

自称デートコーチ

ポチがテレビの画面でYouTubeを再生したまま出かけてしまいました。自動再生で流れるがままにしていましたが、なんとも興味深いものが再生され始めました。

投稿者は自分のことを、いちゃつきトレーナー&デートコーチと称しています。笑

ほう!どんなテクを披露していくれるのかと、思わず手を止めて見てしまいました。

私、YouTubeって最近あんまり見ないのでよくわかりませんが、46000以上のチャンネル登録数って多いほうですか??

このYouTuberはどうやったらナンパした女の子をお持ち帰りできるか指南しますという趣旨でやっているみたいです。

YouTubeに上がっているのは成功例で、失敗もたくさんしているとは思いますよ。ただ、声を掛けられてそのまま家に行っちゃう女の子もたくさんいて、凄いなと思います。

初対面の人の家に上がるという警戒心のなさも驚きですが、私なら予定外に人前で脱げませんよ。例えば、パンティーライナー捨てるとか毛の処理とか、いろいろあるでしょ!笑 

みんな、いつでもOKな状態なんですか?それとも、細かいことは気にしないんですか?

声を掛けられた日は時間がなかったのでデートを取り決めて、その1回目のデートで家に行っちゃうという人は結構いました。まぁ、こちらはそれなりに心も体も準備してから挑むんだとは思いますが。

女の子の日だけどそれでもいいなら、という人もいました。信じられない。


毛について↓


ドイツ人は比較的軽い

ドイツ人って、1度きりとか、愛なしでの体の関係を持つハードルが低めのような気がします。

私の同居人に、毎日ディスコに出かけていて今までに寝た女の子は100人以上という人がいました。

本当に毎日違うドイツ人の女の子を連れて帰って来ていたので、100人以上というのは全く嘘ではないだろうなと思います。

病気とか怖くないんですかね?帽子かぶせれば大丈夫?

その同居人の彼はオーバー30でしたがドイツ人ではなくムスリムです。

「あ〜今日6回したけど、まだしたーい」と言っているような、一夫多妻制も納得の絶倫具合でした(彼の実家はお母さん1人で一夫多妻は別にみんながみんなそうではないと言っていましたが)。

イスラム教徒の人たちは1日に5回お祈りをしますよね。

彼も、携帯のアプリがいつも「お祈りの時間ですよ〜」と知らせてくれていましたが、汚れた体ではお祈りしてはならないそうで、毎回シャワーを浴びて清めるのが面倒で最近はお祈りをしていないと言っていました。

敬虔なのかなんなのかよくわかりませんね。

シャワーも、浴びればいいというわけでもないそうで、清める時の浴び方があるそうですよ。

本意か不本意か

さて、今日のテーマのYouTubeのチャンネルですが、いくつかのビデオには年齢制限が設けられています。

制限のあるものとないものの差が私にはよくわからないのですが、ナンパ指南のビデオや、実際のナンパの一部始終が「2時間で『ノー!』から『フ★☆★ミー』まで」のような刺激的な題名のビデオが上げられています。

「知らない若い女の子を30分以内に『ハーイ!』からセ☆★☆まで」というビデオは現時点で100万回再生されていました。

投稿してあるビデオでは、やる気満々で家に行く女の子と、めちゃくちゃ嫌がる女の子と、優柔不断というか動揺している女の子と、大きく分けて3パターンいました。

ビデオの中では、嫌がる女の子達もあの手この手で言いくるめられ、結局最後には連れ込まれていました。

ナンパされた女の子たちの顔や姿は全くわからないように編集されていますが、

連れ込まれた部屋での会話も録音・公開されていますからね。

投稿者はいつもずっとニコニコしていて、嫌がる女の子もうまいこと操作して家に連れ込んでいるつもりでしょうが、見ていて強引で凄く感じが悪いです。

別に大したイケメンでもなく、フツメンの男ですよ。気分の悪いビデオを見てしまった今は、彼のドヤ顔に嫌悪感すら覚えます。

まぁね、それでも可愛いねとか美人だねとかは言われたら、そりゃ誰でも嬉しいでしょ。

二十歳そこそこで彼氏がいなくて、自分のこと可愛いだとかセクシーだとか言ってくれる人が現れたらそりゃ確かにちょっとは心が揺れるかもしれません。

やる気満々で家について行った女の子たちはお互いに楽しんだんでしょうし問題ありませんが、気になるのは不本意にも連れ込まれてしまった女の子たちです。

連れ込まれる前はあんなにいちゃいちゃされていたのに、1回終わったら音信不通なのかなぁ。「どうしてあんなことになっちゃったかな」と後悔してしょんぼりしていないかなと、他人事ながら心配してしまいます。

ターゲットの女の子たちですが、ドイツ人だけでなくドイツ語があまり得意ではない外国人も標的になっていました

友達と一緒だからと侮るなかれ。2人組にも声をかけていました。

同じようなことをやっているYouTuberは他にもいると思います。

ビデオを見ていると、よく「まずはさりげなく手を握って〜」とかどうやって女性と体のコンタクトを取っていくかとか説明していて、

「ほらほらほら!出会ってすぐ触ってくるのはそういうのが目的でしょ!!!」

と再確認しました。

↓ここに書いています!!



日本人の女の子には「日本でその状況になった時に自分はどうするか」というのを考えて欲しいです。

YouTubeのネタにされていても別に気にならないしアバンチュールを楽しみたいし、という方は構いませんが、そうではない人はこのような異常な状況をとっさに回避するよう自決力を持って欲しいなと思います。

私が書いた記事を読んで下さった、面倒なことに巻き込まれたくない日本人の女の子たちは、前情報もあることですし、冷静に対応できると思います。

どう対応するかと言うと、

(愛想悪く)立ち去る。

これに尽きます。

ま、「君、可愛いね」と言われたら、ニコッとして「ありがとう」くらい言うのはいいと思いますけど(逆ギレされたら怖いから)、それ以上は言葉を発する必要はありません。

無視しても大抵は質問を重ねてきます。それに答えた瞬間から主導権はナンパ男へ。相手の思う壺です。

「今、マジで時間ないの!」と言っても「わかった。じゃあ電話番号だけ教えて!」と言われます。

因みにこのナンパビデオを編集しているのは、なんとこのYouTuber男の彼女だそうですよ。世の中にはいろんな人がいますね。おったまげ〜。


上級者の断り方

うざいナンパ野郎にはこんな方法も↓
(ビデオの下に訳を載せますね。)




意訳ですよ。

男・女「はははは!」
男「番号教えてよ。そしたら今度また会えるよね!」
女「えぇ、もちろん!」
男「オーケー」
女「0172 548 29 16 6 23 3 3 3 3 13 23 576 などなど・・・ふふん」
男「・・・・・・・」


まず、電話番号が長すぎるんですよ。3が続いたところで男性が「えっ?えっ?」となっていますよね。最後の「などなど〜」で本当の番号ではないということが明確になっています。

まぁこれはフィクションですが、ナンパ男を余裕でかわしているところが清々しいですね〜。


【関連記事】




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


83b267f6746e42dcaee29193c9141ab0_t

日本語で読んだ恋愛テクはドイツ人には通用しない

昔むか〜し、恋愛テクニックについて読み漁った若かりし日もありました。

ラーメン屋さんに行って、自分が注文したラーメンにチャーシューが2枚乗っていたら、意中の彼、もしくは自分の欲さえ抑え込めてしまうぞっこん彼氏には1枚あげるものだと思っていました。

男性の方も、喜んでいたように記憶しています。

ところが、まだドイツ生活も浅かった時にドイツ人相手にこれをやったら、怪訝な顔で

「・・・これ、嫌いなの?」

って言われました!爆笑

恋愛カルチャーショックでした。


超個人主義のドイツ

ドイツでは「みんなで分け合う」という文化がないですからね。

例えば、飲み会でも、自分が食べたいものと飲みたいものを注文して、それを飲み食いして、自分が食べたもの飲んだものの料金だけ支払います。しかも、この支払いの仕方を「割り勘」と言います。

日本みたいに、いろいろ注文して、みんなで分けて食べて、合計金額をみんなで分けるのは、ドイツではありえません。そもそも、分けて食べるって不可能です。

どう不可能かはここ→ドイツでおうちパーティーの主催者になると面倒くさい問題でも書いていますが、とにかく皆さま個人主義なので・・・。

たまに日本に帰って友達や知り合いと食事に行って「どれにする~?一つはトマトでもう一つはクリーム系?」とか聞かれて、「あ、分けて食べるんだ・・・」とびっくりします。

まあ、ドイツでは分けて食べることがないと言っても、友達や恋人同士で「味見してみる?」くらいで一口あげたりもらったりはありましたよ。

学生の時のゼミ仲間の飲み会の時に1回だけ、「クマ〜、私あまりお腹空いてないからサラダ注文して分けない?」と言ってきた女の子がいました。後にも先にもこの1回のみ。

私は先に帰らなければならない用があったので、個人的にサラダの会計を済ませて帰りましたが、後日「クマ!支払い済ませて帰ったんだね!半分払うよ!」という会話はありませんでした。

私もお金をその子に預けて帰るべきだったか、なんか一言言っておくべきだったとは後から思ったのですが・・・。まさか、あっちはあっちで重複して支払ったってことないですよね。今となってはわかりません。余談でしたね。

ご存知ない方もいらっしゃるかもしれないので一応書きますが、ドイツのレストランやカフェでの支払いは基本的にテーブルです。

1番最初に注文をとってくれた給仕の方がそのテーブルの担当者になります。料理の苦情を言うのも、支払いをするのも、チップをあげるのも、その担当者です。

「お会計お願いします」と言うと「getrennt oder zusammen? 別々払い?それとも一緒?」と聞かれます。

連れをご招待したくてテーブルで会計をしたくない場合は、「ちょっとトイレに・・・」なんて言って立ってから、担当者にお支払いしますと言ってテーブルから見えないところでお支払いすることも可能です。

因みに、レストランではなくカフェでですが、まだ食べている途中に担当者から「わたし上がる時間なの。会計お願いしてもいい?」と言われたこともあります。


イタリア人のうちのポチは?


肉?あげると喜びますよ。

食べるの好きですからね。単純ですね。

ただ、私も自分の好きなものは譲りたくないので、難しいところですね!

ポチはレストランで絶対に私と同じものを注文しません。なぜかと言うと、

2人違うものを注文すれば2倍楽しめるから


だそうです。

シェアする気、満々です。

あるイタリア人女性の食べるの好き系の友達も、あっちが食べているものを「味見する?」と聞いてくるし、私が食べきれなかったパンとかよく「それ食べないの?じゃあちょうだい!」と食べています。

その他のイタリア人がどうかはまだ詳しくわかりませんが、ドイツ人よりも気軽に「分け合う」気はしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

P1030684

日本人は詮索好き?

ドイツ人は、他人に全く関心がないわけではないんだけれども、日本人ほど他人のプライベートについて知りたがりではないような気がします。

なので、新しく彼氏っぽい人ができても、根掘り葉掘り聞かないで「あぁ~なんか仲良い人ができたのね」くらいで、みんなそっとしておいてくれます 

日本人グループの中では恰好のネタにされますけどね

>>ドイツ人と彼氏彼女になる???その1はこちら

ドイツは30歳で結婚してなかったら行き遅れているだとかいう概念もないし、シングルマザーをやりながら大学に通っている20歳の子もいます(しかもBAföGとKindergeldでお金には困っていないと悠々自適で羨ましいほどでした)。

卒業する年齢もそれぞれだし、私の知るところでは就職も日本みたいに一斉にすることはありません。

こういう、人は人、自分は自分、という考え方が日本と違うところかなと思います

ロマンティックが止まらない?

ドイツ人はですね、堅物のイメージがある方がいらっしゃるかもしれませんが、

けっこうロマンチストが多いですよ。

どの辺りが?と言われると具体例が挙げられず答えに窮するんですけど、言ってくるセリフとか書いてくる文章とか、

妄想力に長けているし文学のようだと関心します。


あとは、例えば花とかですかね 

けっこう頻繁にいただきました(私は花より食べ物とかアクセサリーとかの方が嬉しいけど)。花は普通のアイテムですね。日本で言ったらケーキくらいのレベルでしょうか。

だいたい都市部の駅には必ず花屋があって、そこで購入しているかは別として、花を持って彼女を迎えに来ている男性はよく見かけますね

あるドイツ人の友達なんて、飛行機に乗って彼女に会いに行くんだけど、生花は持ち込めないからと描いて持って行きました 

ドイツでは、お金がかかったプレゼントより、こういう手間とか気持ちがこもった「この世で一つ」系のプレゼントが喜ばれる傾向があるなと思います

余談ですけどね、うちのポチが突然花束送ってきたことがあったんですよね。1回だけ。
何か、匿名のサプライズだったから、とっても困りました。

だって、心当たりがポチ以外にもあったので・・・(笑) 結局、届けてくれた花屋さんに電話して無理やり送り主を聞き出しました

「いやぁ、誰が送ってきたかわかんないし困っちゃったよ。ありがとう。でも突然何で???」とポチに言ったら「君、花言葉知らないの!?!?!?」と衝撃を受けていたのは確かによく覚えています。

花束の中に3本の赤いバラがありましたね
なになに?3本のバラは愛の告白?赤いバラはあなたを愛しています!?
ポチは本当に花言葉知ってて送ってきたのかなぁ〜???


別れる時が面倒

これはまぁ万国共通じゃないでしょうかね、別れる時が面倒くさいのは。しかしドイツでは、ロマンティック度が高かった人はそれだけ

粘着度も高かったような気がします


哀愁漂った顔でやたらとwarum?なんで?と理解したがる。もう冷めちゃったから興味ないんだってばー。別に友達としてでも連絡とりたくないんだってー。

ここで、数々の不幸のポエムを紹介してみなさんにも見てもらいたいけれど、そもそも自分が受け取ったやつは消したし、拾った誰が書いたかわからない不幸のポエム(うわっ出た!やっぱりこんなんでしょ!って思った)も一応人の物なので、例が見せられなくて残念です。

好きな時には嬉しかった、例えばどこがで私の事を待っててくれたりとか。そういうのって気持ちがなくなると「うわっ、待ち伏せかよ!怖っ!」ってなります。家に居てふと外見たら渦中のドイツ人が雨の中こっちを見つめて立ってるとか、本当、ホラー映画かと思いましたよ

この雨の中に立ってた男性にはなかなか手こずりまして、引っ越し先にも現れ、もう何年も前のことなのに、未だに監視されてるんじゃないかと不安になることがあります。ドイツに行ったらどっかでバッタリ会っちゃうかもとか、ホントこんな恐怖体験はしたくありませんでした。

わたしにも非はあるんだろうけど、今生きていられて良かったと、何に対してかわからないけれど感謝します。

ロマンチストな性格も良い時は甘~い気持ちにさせてくれるけど、悪くなると疑念と執着が鬱陶しく、時にはそれが狂気となり・・・。いやいや、やっぱり人にもよりますけどね。

あ〜円満に終止符を打つ方法とかAIはまだ教えてくれないのでしょうかね〜



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Photoelly000_TP_V

ドイツにバレンタインデーはあるの?

もともと聖人の名前ですよね、Valentinusヴェレンティヌス。

起源はヨーロッパでも諸説あるようですが、15世紀頃からイギリスで始まった風習で、イギリス移民によりアメリカに伝えられ、そこからドイツに輸入されたとか。

というわけで、ドイツでもバレンタインデーはありますよ。

陰謀によって広まった日本のバレンタインデー!?

日本のイベントって結構メディアとかどっかの会社のセールス・プロモーションにまんまと乗せられている感じが否めないのですが、日本でバレンタインデーをお祝い(?)しだしたのも漏れなく最初はどこかのお菓子会社の陰謀らしいですね。

まぁ、みんなイベント好きだし、消費者と生産者のバランスは取れているってところなんでしょうか

ドイツでもチョコレート?

ん~、ドイツでもチョコレートを贈る人はいるとは思いますが、日本みたいに「バレンタインと言えばチョコレート」というイメージはありません。

日本とドイツの決定的な違いは

男性が女性にプレゼントを贈る

というところですね

ドイツのバレンタインと言えば薔薇

バレンタインデーのプレゼントで一番多いのは赤いバラの花束です。

2018年はルフトハンザの貨物機がバレンタインデーの為に800トンの赤いバラを輸入したとか。

ドイツは花屋さんが儲けるんですねぇ

バラに次いで人気なのが、甘いもの、アクセサリー、そして愛のメッセージを書いたカードだそうです

ネットで「バレンタインデーは彼女に何をプレゼントしたらいいか教えてくれー」という書き込みもたくさんあるんですが、バラの花以外にはどんなアドバイスがあるか見てみましょう。

・キャンドルライトディナー
まぁ、普通ですよね。これくらい誰でも思いつきます。

・バラをプレゼントして、湖を散歩したらいいんじゃないかと
う~ん、湖の近くに住んでたら・・・ね。あと、そんなに寒くなければ。

・ハートがついたマグカップ
理由はマグカップが毎朝愛のメッセージを伝えてくれるとかだそう・・・。別に欲しくないかも。

・二人の写真をプリントしたクッション
絶対いらない

ま、あれですね。お金がかかるプレゼントというよりも、気持ちと、一緒に過ごすというのが大事なんですね。

女の子も何かすべきか

こんな質問もたくさんあります。

「バレンタインに私は彼に何をすべき?」

結構多かったの答えは・・・

”何にもしなくていい。”
”プレゼントは誕生日とあなたたちの記念日とクリスマスで十分”
”きみ、バレンタインデーを勘違いしてるよ。彼があなたにプレゼントする日よ”

女はプレゼントをもらうに徹しろという意見ですね。笑

どうしても何かしたい人にはこういうアイディアが出ていました。

”Liebe geht durch den Magen”
「料理上手は好かれる」 直訳すると、愛は胃を通して、みたいな?

まぁ、日本でも似たようなこと言いますよね。胃袋をつかめと。

ドイツ人はケーキは焼けても、日本の感覚で「料理が得意」という人はあんまり多くないので、あまり料理に自信がない方も心配せずに、味がちゃんと濃い料理を提供すれば大抵喜ばれます

(あ、でもお米を出すと「うわ~!最後の一粒まで食べろやぁ~」とモヤモヤすることになる可能性はある・・・かも?)

その他に、送り主なしで事前に「2月14日の18時に〇〇に来て」と葉書を出して、きれいに飾り付けして待ってる。とかいうアイディアもありました。

そこには「公園」と書いてあったけれど、家で電気消してロウソクをハート形に置いて・・・とかそういうことはできるかなと思いますねぇ。

他のアイディアは、ハート形のケーキやシュニッツェルを焼く、カードを書く、セクシーなサービスとか、そんな感じでした

パートナー以外のお相手にはプレゼントをすべきか

すみません、こんなのぶっこんで。でも記事を見つけちゃったもので。

なんちゅーテーマかと思いましたが、結構真面目に書いてありましたよ。

要約して訳するとこんな感じ↓↓

”正式なパートナーに愛の手紙を書いたり、クラシックに薔薇の花束を送ったり、キャンドルライトでロマンティックなディナーを楽しんだり、いつもより相手を気遣ったり、それは当たり前でしょう。その上で、パートナーにばれないように情事相手にも何かプレゼントを・・となると、なかなか難しいのではないでしょうか。”

としながらも

”もちろん情事のお相手にもプレゼントをしましょう”

だそうです!

因みにプレゼントのアイディアとしては

”下着やアクセサリー、薔薇の花束などは以ての外。スパでパートナーマッサージや、Gutschein(金券のようなもの)などの消え物がよろしいでしょう”

”もしお相手が外国人ならば、故郷の料理が食べられるレストランに連れて行きましょう”

”情事のお相手と過ごす時間はいつも短いはずなので、あなたの1日をプレゼントするのもいいでしょう”

だそうですよ。なんだか、訳アリの相手がいる人にもご丁寧なアドバイス。

ドイツは色恋沙汰で離婚になっても慰謝料が発生しないとか、本当かわかりませんが。

キスして入場料がタダになる

バレンタインデー前後の何日か、Baden-Württembergバーデン=ヴュルテンベルク州のお城や庭園では、チケット購入代金の代わりに窓口でキスをしたら入場料がタダになるキャンペーンKüss mich! Im Schlossやっています

しかも、城を訪れたことがわかるように撮影したキスをした写真にハッシュタグをつけてSNSに投稿するとSchloss Ludwigsburg ルードヴィクスブルク城でのSoirée Royaleや、夏のオープンエアのライヴのチケットが当たるダブルチャンスがありますよー!

ドイツにバレンタインデーはあるけどホワイトデーはない

ドイツにはホワイトデーはありません。

しかも、3月には「女性の日」なるものがあって、男性はまたもや女性に貢がなければプレゼントをしなければなりませんミモザという黄色のお花を贈ります。

悲惨なのはWeiberfastnachtヴァイバーファストナハト。

なにやら女性の無礼が許されるとかで、男性のネクタイをハサミで切っていいそうな
2019年は2月28日、2020年は2月20日、2021年は2月11日、2022年は2月24日。

ドイツは女性が強すぎてというか女性に都合がいいようにばっかりで、なんか男性が可哀想で同情しますね~。

【関連記事】



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_6007

恋の始まり

気になる人がいると、姿が見えるだけでドキドキ、メッセージが届いてないか何度も携帯をチェックしてソワソワ。

こういうのは日本にいてもドイツにいてもイタリアにいても同じですね 

でもどうやって距離を縮めたらいいのか、外国人が相手だとよくわかりませんよね~!

(※ドイツ人女性相手に関しては書けるほど見聞きしなかったのでよくわかりません。ここでは男性について綴りますが、まぁドイツ人といえど人それぞれなので、一例としてお読み下さい


付き合って下さいという告白はしない?

まぁ、全くないとは言いきれませんが、でも「好きです!僕と/私と、付き合って下さい!お願いします!」という感じはドイツではあまりありません・・・。

お互いに好意があればだいたい一緒に過ごす時間も増えていくし、自然と恋人同士のような雰囲気になるはずです。

「『僕たち、付き合う?』って彼女に聞いたよー」と言っている友達もいました


両想いの場合は相手に任せておいてオッケー?

相手から想われている場合は、大抵の場合ぐいぐい来るので、なるがままなされるがままにしておいても、きっといつかどこかでぶちゅーっと来ます。笑

でもチューしたからってその日からめでたく「カップル誕生」という感じでもなくって、まぁ試用期間の始まりといった感じですかね 

ワンナイトラブに気をつけろ!?

パーティとかの勢いで一晩一緒に過ごしちゃったりもどうやら結構あるんですよね。

いや、一晩というか、一晩のうちの1~2時間、2人きりのプライベートな時間を過ごすというか・・・。

それは、その時のお互いの欲を満たしただけで、別に親密な接触があったからって付き合うことを考えなければいけないとかそういう責任は伴ってないようです。

いつも気になるのですが、

次の日から気まずくないんですかね。

不思議です。

私の同居人が連れ込んで夜中にあられもない声に叩き起こされたことが何度かありますが、翌日私は一人で何か気まずかったですけどね!!


よくあるパターン

いい感じなんだけど、「私たち、今どういう関係?友達?恋人?」と切り出せない時期ってあるんですよ。

会話の中で「僕の彼女は〇〇だね」と言われたり、「これ僕の彼女のクマ子です」と友達とかに紹介されて、「おぉ、あたいはあんたの正式な彼女なんだね」と確信を得ることが多いです。

これって、逆手にとって「こちら、私の彼なの 仲良くしてね!」と自分の友達に紹介してしまえばこっちのもんじゃないのかと、いつも思うんですよねぇ。

いやでも、その場で「え!?」とかいう反応されたら耐えられないので、私はやりません。笑


なんだかんだ言って規格なし

こんなのもありましたよ。

花子ちゃんという女の子とハンス君という男の子がいました(仮名ですよ)。

花子ちゃんはハンス君の事が好きだったんですけど、ハンス君にとって花子ちゃんはお友達の一人。

ある日、花子ちゃんの日本人のお友達が悪ふざけをして、花子ちゃんはハンス君に愛の告白をすることになってしまいました。

ハンス君は驚いたけれども「う~ん、ちょっと考えてみる」と答えを保留。

後日「付き合ってみようか」とお返事しました。

その二人なんと、

あれよあれよという間に結婚してしまいました

つづく・・・『ドイツ人と彼氏彼女になる???その2』


【関連記事】



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

P1030560


ドイツでナンパってどんな感じ

私事なんですけどね、ドイツに住み始めて初めのうち6ヵ月くらいは、なぜかよく男性に声を掛けられていました。私は日本じゃナンパなんて1度も経験ありませんよ。年寄り子供にはよく話しかけらますけどね。

声を掛けられるのは、たいていは駅とかで座っていたりバスの待ち時間に勉強していたり、急いでいなさそうな時でした。

ハローから始まって「電車待ってるの?」「勉強してるの?」「どっから来たの~?」「ドイツで何してるの~?」とか質問されてちょこっと話して、という感じでした。

普通の相手だと、向こうが名前と連絡先を書いたメモとか名刺とかを残して「じゃあね!」と去っていくというスマートなナンパでした

連絡をするか否かの主導権は女性にあり

日本でのナンパのイメージって「連絡先教えてよ~」だったので(え、古い?)、ドイツ人ってどうしてすぐ連絡先を渡して来るんだろう・・・と不思議でたまりませんでした。

普通じゃなかったナンパもありましたよ。

アブノーマルパターンは、腕とかやたらと触れてきたり、しつこく約束を取り付けようとしたり、別れ際に( ̄з ̄)と来たり!!!きぇ~!!

※初対面で握手以外のスキンシップを試みてくるドイツ人は誠実な人ではありません

☞参考に読む>>【ドイツでの挨拶は?握手?ハグ?ほっぺにチュー???】

当時を回想解析すると・・・けっこうね、こっちをじーっと見てくる男性って多かったんですよね。

で、たぶん視線を感じるから私もその人を見る。相手がなんかニコッとするからつられてニコッとしていまう→声を掛けられる、というパターンが多かった気がします

でもドイツに慣れて来たら全く声を掛けられなくなりました。笑

大きな一因はきっと、こちらがニコッとしなくなったから。

ドイツ人って、店員さんとか、サービス業の人達でも愛想が悪くてニコッともしない人が多いせいか、こちらも無駄にニコニコしなくなるんですよ。

あとは、良くも悪くもドイツに馴染んでしまった故の異質感の薄れ、エキゾチックオーラがなくなったとかね。


おばさんのお節介かもしれないけれど

身元もわからない知らない人には用心してついて行かない方が良いですよ。

一見、親切に見える人でもどんな下心を化けの皮で隠しているかわからないから。会ったばかりの外国人に嘘ついてもバレませんよね?

現地の人と交流したいのであれば、Stammtischとか、何かしら地元のグループであったり、然るべきところで交流することをおすすめします。

共通の知り合いがいる人と交流するということは、身元もはっきりしているし、両者を知ったうえで相談したり忠告してくれる人がいるということろで安心です。

最近は出会い系アプリとかあるんでしょう?1対1って高リスクだと思いませんか。そりゃあ運よく良い人と巡り合える方もいらっしゃると思いますが、普通の生活では共通点のないとんでもない人と出会ってしまう可能性も出てくるでしょう。

自己責任と言ってしまえばそうなんですけど、海外で日本人が大変な犯罪に巻き込まれるニュースは聞きたくないですからね・・・老婆心です、はい。


ドイツ人は誰にでもドイツ語で話しかける

わたし、胴長黒髪平たい顔ですけど、ナンパでなくともドイツ人って私にも普通にドイツ語で話しかけてくるんですよ。

デパートでおばあちゃんが「高っ!ねえ、ストッキングが10ユーロって、高いくない!?」とか、いきなり。「えっ?う~ん・・・」とくらいしか返しようがないけれど。

いやいや違うだろと思うのは道端で「すみませーん、ここに行きたいんだけど」と話しかけてくるドイツ人。

別に私以外にも人はいるのに。わざわざ外国人に道をきくなんて、日本じゃ絶対にあり得ませんよね。まぁ、それだけドイツは人種が入り乱れているということでしょうけど。

電車で隣になった人と世間話したり、というのはよくあることです。ドイツ人はけっこう大きな声で独り言を言ってる人が多いので、それを拾うことにより会話が始まることもよくありますよ。

一回喋った人とは、普通はTschüss さようなら~とかschönen Tag 良い一日を〜とかgute Reise 良い旅を~とかその場に合わせた挨拶をしてから別れます


【関連記事】



 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_3570

国によって違う

欧米って、ハグとかキスとか、日本よりスキンシップが多いと思っていませんか?まぁあながち間違ってはいませんが実は国によって結構違うんですよ。

ドイツでの下心のない&シラフ時の普通の挨拶は、実際にはどのような加減なのか書きだしてみようと思います。

ドイツではよっぽど親密ではない限り、握手!

イタリアもそうですが、ドイツでは初対面の時には名前を言いながら握手をします。たまにめちゃくちゃ握力強い人がいます。笑

ヴァリエーションは相手によりけりで、同い年くらいくらいの相手であれば下の名前を言いながら握手をします。"Hanako, schön(ハナ子です、よろしく)" みたいな感じで。

軽すぎず、でも強すぎず、相手の手をぎゅっと握ります。

※軽すぎると気持ちが悪いし印象も悪いので、割とがっちり握ってほしいです。

もうちょっとフォーマルにしたかったら"Hanako. Hanako Fujiyama, freut mich(富士山ハナ子です、初めましてよろしく)"とか言いながらかな。

ちょっと距離を取ってガッチガチな感じに挨拶したければ "Frau Doktorin Fujiyama, sehr erfreut(博士富士山女史です、よろしくお願い申しあげます)" とか・・・。

ま、3番目のはあんまり機会がなさそうですが・・・ でもこれはハッキリ言えます。

ドイツ人は普通、初対面の人にハグなんてしません。

絶対にしません!

ドイツの挨拶は、基本は握手だと思っていていいと思います。

病院の先生や学校の先生に「こんにちは」「さようなら」を言うとき、仕事場の同僚に「おはよう」と言うときも毎回、握手をします。

ちょうどタイミングが悪く手が汚れているときは、手が汚れているんだというジェスチャーをし笑いながら手首(腕)を差し出したりもします。

タメ口で話すような感じの同僚の手が離せなさそうだったら、「おはよう!(morgen!)」と言いながら肩ポンポン叩いて挨拶をしたりします。

(病院については必ずではなく、手を出してこない先生もいますので、私は自分からは出しません。)


どの程度になったらハグをするか

ドイツでは、一緒にプロジェクトをやり遂げた仲間だとか、これから長く会わないのがわかっている時の別れの挨拶だとか、超久しぶりに会って嬉しい時の挨拶とか、一緒に出掛けたり相談ができるような親しい友達とか、そんな風にまぁまぁ仲良くならないとハグつきの挨拶はしません

そして女同士や男同士のほうが

異性間よりハグ率は高いです。


ただ、普段ハグする仲ではない人にもハグする特別な時もあるんです。

それは誕生日とか、試験に合格した時とか、何か発表が上手く行った時とか、

「おめでとう」を言ってお祝いする時。

まぁでもこれは握手でもよくって、正直その時の自分の高揚具合とか雰囲気で決めます。


私は「私この人とハグしたくな~い」という人には先手必勝で右手を前に突き出したまま相手に向かいます。笑

そうすると相手は握手せざるを得ないから。普通の相手だったら、これでOK。

でもね、私がこうやって「あなたとはハグしませんよ!!!」と意思表示しているのにもかかわらず、上手の人(大抵はおじさん)はめげずにハグして来るんですよねぇ・・・ ちっ。


あとは

「ありがとう!」を言うとき

ですね。

プレゼントをもらって「ありがとう!」とか、助けてくれて「ありがとう!」のときとか。普段はハグつきの挨拶をしないお友達や知り合いでも、ありがとうの度合いによりハグ付きでお礼を言います。


余談ですけど、ルームシェアしていたある同居人の男の子が半年だか1年だか留学することになったんですよね。私は彼と特別に仲が良いわけではなかったのですが、「元気でね!」との挨拶の時に迷った挙句にハグしたんですよ。

かなり微妙な数秒でした。

無理せず握手にしときゃよかった。ま、でも「あんたのこと別に嫌いではないよ」とは伝わったかも。


ハグする時にほっぺにキスはしないのか

イタリアは友達としてでも親しくなったらほっぺに2回チュー。それも左頬から。スイスは3回。フランスは2〜4回でしたっけね!?

※伊仏スイス、キスありの挨拶は頬っぺたを軽くつけたりつけなかったりで、チュッと口で言っているだけの、フランスではビズと呼ばれているものです。

さてドイツはどうかと言うと、

友達にハグをする時にキスは滅多にしませんよ

するとしたら、相手が小さな子供とか、とか。

されるとしたら、久しぶりに会うおじいちゃんやおばあちゃんとか(家族ですね)・・・。

あとはなんらか特別な関係が発生している場合以外に思いつきません。

まぁ、かなり仲の良い女性同士でキス付きの挨拶をする人たちもいるみたいですが、そんなには多くないです。

キスの種類は、空中で音を出すビズを2回か、ほっぺに唇をつけて1回チュー。その時によって違うみたいですけど、とにかくあまり見ません。

異性間では、よっぽど親密な関係でない限りキスありの挨拶はしません。するとしたら、ドイツではビズではなくほっぺにチューかなぁ。いや、でも恋愛の対象としての親密さだったら口にチューしますしね。

知り合い程度の関係の異性でほっぺにチューはほぼゼロと言っていいほど無いと思います。

同性だろうが異性だろうがドイツで気のない人からほっぺにチューなんてされたら私はギョッとします。


ハグ時の体の密着度

ドイツでハグつきで挨拶する時は結構がっしり相手に両腕を回します。

ドイツのハグは相手の背中まで手を回せるくらい密着しますが、イタリアとかフランスのキスつきの挨拶はそれではほっぺが良い位置に来ませんからね、手のひらは相手の上腕くらいなのであまり密着感がありません。ふわっとしていて体の密着度はドイツのチューなしのハグよりも低いです。

ドイツ国内で同僚とかとハグするシチュエーションがあったら、私の脳みそはドイツ風以外のハグが来るとは思っていないんですよ。

でもフランス人とかイタリア人とかは不意打ちで自国風のビズの挨拶で来るもんだから、なんともぎこちない挨拶になってしまって、なんとなく気まずい思いをします。

あ~面倒くさいので統一して欲しい。


挨拶だけど口にキス

知り合いのドイツ人家族なんですが、

親子でマウストゥーマウスのキスをしていたのを見たことがあります。

孫がいる年齢のおばあちゃん(65歳くらい)と、子供が3人いるその娘(40歳くらい)。

その日、二人は口喧嘩してちょっと雰囲気はあまり良くないように見えたのですが「ママ~キス!」といって、おやすみのキスをして颯爽と去って行きました。

日本生まれ日本育ちの日本人で親とハグもしない私には、いくら文化が違うとわかっていても衝撃でした


番外編?

私には結構親しくて、会うといつもハグして挨拶をしている異性の友達が数名います。

ただ彼らは、全員ではありませんが、彼女や奥さんなどが同伴しているとハグしてこなかったりするんです!笑

本当に気が遣える男達なのか、後で彼女や奥さんにわーわー言われて面倒なことになるのを見越して回避しているのか、失敗してしまったことがあるのか、本当のところは知りませんけどね!


【関連記事】




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ